メディアネット四日市HP >> 活動の目的と柱

活動の目的

 最近、情報の受発信が様変わりしてきました。スマートフォン、タブレットが登場し、近い将来爆発的な普及が予測されます。また、今まで映像の提供がテレビおよびインターネットへの動画投稿から大規模なソーシャルメディアを利用した形態に進展し、まさに第二の情報革命となりました。

私たち「メディアネット四日市」はソーシャルメディアを通じて市民が発言、表現する“場”を提供する市民活動団体です。

市民が動画を通じて個人の想いを発信することは地域の絆を育む大きな礎となります。

私たち「メディアネット四日市」はこの活動を10年前から取り組んでき来ています。

 

活動の柱

@インターネットでの映像発信

A市民からの映像投稿の受付

BCTYによる放送番組「発信市民チャンネル」100回放送達成

C市民を対象にした「映像市民講座」現在までに9回開催

D一般市民からの映像撮影。編集受託(受託内容は個別にご相談)

E四日市大学生との協同による映像製作

ソーシャルメディア

  私たちは別途「よっかいち映像広場」を開設し、四日市地域に限定した映像発信を行っています。
このメディアを通じて広くパブリックアクセス番組として市民の想いを発言・表現できる“場”を新設しました。
多くの市民の動画投稿をお待ちしております。
 

会員募集

 映像づくりは総合芸術です。企画・構成・撮影・編集・発信があります。編集には動画、静止画、お絵かき、アニメなどどんな画像も取り込み、作成が可能です。また、音には、現場音、ナレーション、BGM、擬似音、これもなんでも可能です。あなたも感性を研ぎ澄まし、創造的な映像づくりに挑戦してみませんか。また、作品を投稿することによってあなたの社会参加の枠が広がることはすばらしいことではありませんか。
是非、一歩を踏み出しましょう。